2014年8月1日

物作りの国のセイコー

有名な高級腕時計メーカーやブランドの多くはスイスで設立されています。

有名な時計ブランドの8割がスイスのメーカーといっても過言ではないくらいスイスが割合をしめています。

国自体も時計の製造や開発に昔から力をいれていて、時計専門の学校なども存在します。

そんな中、日本が世界にほこる時計メーカー、セイコー

SEIKOと表記されることが多くなってきました。

物作りの国といわれている日本が 世界にほこるセイコーは世界で初めてクォーツを搭載、使った時計の開発、製造に成功しました。

ロレックスやブレゲ、ウブロのような有名高級腕時計ブランドの名前を聞くと 一見、セイコーが劣っているように聞こえますが 実はセイコーが最もコストパフォーマンス良い時計メーカーといわれています。

これは車でも言われていることと同じような気がします。

トヨタやホンダは 燃費もよく、壊れにくく、修理費も他の日本以外の車メーカーと比較すると安く済みます。

車自体の価格も、走行距離や安全性などで コストパフォーマンスの良さを世界中にアピールすることに成功しているかと思います。

腕時計のセイコーも同様で、コストパフォーマンスに関してはセイコーがナンバーワンと言われています。

確かに時計大国、スイスの時計も魅力的ですが 国産を好む方にとってはセイコーがピッタリくるチョイスではないのでしょうか。

セイコーはオリンピックなどの国際的大会の公式時計をつとめるなど 信頼度も安心の品質です。

セイコーの時計買取りならウォッチファンがオススメですよ。